FC2ブログ

スターダストヨットクラブ・ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北前船クルーズ 佐渡へ出発

6月3日(金)の会社が終わってから急いで集合。
スターダストのメンバーは高盛さん、川久保さん、高桑、そして北日本新聞社の高原さん、赤坂さん。
18時半に北日本新聞社の新湊支局から取材を受ける。
19時10分に静かに出港。
全く風がないので、機走で6.5ノットくらいと順調に走る。
オートパイロットをセットし、とりあえず乾杯。
星が美しい。あれがカシオペア、あれが北斗七星、あとは分からない。
運転はオートパイロットにお任せしつつも、障害物の監視と、進路やエンジンの確認のため、2人は起きている事とし、まずは3時まで年寄りの高桑と高盛さんが休むことに。
しかし、ベッドが狭いのとエンジンの振動の所為か、うれしい所為か全く眠れない。
仕方がないので少し早いが起きることに。
星は更にたくさん見えて、天の川もきれいに見える。数十年ぶりだ。
3時半頃から徐々に明るくなり、4時20分頃に日の出。ご来光をみるのも数十年ぶり。
日の出
佐渡がぼんやり見えてくる。
藻があちこちに浮かんでいるので避けつつ操縦。
しかし、スピードがダウン。どうやらプロペラに引っかかったようだ。
龍神がバックしろと言うので、バックに入れて少し走ると何とか外れた。
前方にまたでかいゴミが。と思って見ていると、スーッと動いていく。
イルカだ。10頭くらいが飛んで行く。
「イルカだぞ」と皆を起こすが、誰も反応しない。
日の出もイルカも、年寄り二人だけの楽しみでした。
ちなみに龍神は塚本さんが72歳、寺田さんが71歳を始め、元井さん、野村さん、神初さんも私より年上にて、全員が朝早くから起きていました。
佐渡が近くなると、海面は鏡のような静けさにて、船はすべるように進みます。
小木港では長い堤防を回り込んで、南岸壁に。
新潟外洋帆走連盟の川澄さんが待っていてくれて手を振っています。
予定の11時より2時間早く、9時に着く事が出来ました。(14時間)
佐渡到着
途中は揺れなかったのに、陸に上がると、身体がゆらゆらと揺れます。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://alpha123.blog28.fc2.com/tb.php/43-3b6c407b

 | HOME | 

Calendar

« | 2018-12 | »
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

Stardust Yacht Club

Stardust Yacht Club

スターダストヨットクラブは、富山県射水市の海竜マリンパークを拠点として、とっても楽しく富山の海をセーリングしています。
メンバーは男女問わず、年齢層も幅広い。職業も会社員、自営業者、会社役員など様々で、みんなでいろいろなことを協力しながら運営しています。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。