スターダストヨットクラブ・ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

七尾港レースの帰路

16日(月)海の日で祭日
ベイマリンに係留した船の中で眠りましたが、虫は来ず意外と涼しかった。
と言うよりは、飲みつぶれていたという方が正解か・・・
このマリーナは、漁船の修理などを行う川崎造船だったが、今ではマリーナとして
多くのヨットやボートを受け入れ、宿泊やトイレ、シャワーの施設も充実している。
7時過ぎに出航、和倉~穴水を経由して大口から帰る事とする。
沢渡さんがロープが流れているからエンジンを止めろ、と言う。
何やらガツンという音がしたような気がする。
プロペラに絡まったかな?
逆転させると藻が流れて行くのが見える。
しかし、気になる。
言いだしっぺの沢渡さんが潜って見る事に。
なーんにもなかったです。
初泳ぎ後

後ろで見守っていた深川さんは「何をしているのだろーなー」と思われたでしょうね。

沢渡さんの初泳ぎも終わって、いよいよ能登島大橋の下をくぐります。
橋の方がはるかに高いと分かっているのだけれど、それでもマストがぶつかりそうで
緊張の一瞬です。
和倉温泉が見えてきました。
和倉温泉

高盛さんが何故か双眼鏡を出してきます。
露天風呂に近づいて走らせていると、ゴツンと底をすり、あわてて沖に舵を切ります。
和倉港の黄色い桟橋も見えてきました。
ヨットも係留されているようで、今度はそこに留めて加賀屋のお風呂に入りに行きましょう。

次はツインブリッジをくぐります。
付近には浅い所がところどころにあり、ど真ん中を目指します。
穴水沖も過ぎ、スピンを張って快調に走ります。
そろそろ能登水族館、イルカの親子がいるはず・・・
しかし、残念ながら今日は出てきていないようです。

多葉田さんがラーメン作りに挑戦
しかし、水がない
機能のレース前に、少しでも軽くしようと半分しか入れなかった。今朝も補完しなかった・・・
しょうがない、つまみでも食べて飢えをしのぎます。

大口を超えて南に向かおうとすると、すっごい定置網が行く手をふさぎます。
しょうがないので、かなり沖まで向かってから転回します。
おやー、とんでもない風が吹いてきた。
ゼノアジブを半分ほどにし、メインも1ポイントリーフして走ります。
ヒールがすごい中、沢渡さんがトイレの使い方が分からないと言います。
しょうがないので船を止めて教えたのですが、流れないと訴えます。
ヒールして流れないのか、使い方が悪いのかは分かりませんが、
大変苦労しているようでした。
トイレはなんでもないときに使い慣れておいたほうが良さそうです。

14時過ぎに何とか無事に海竜マリンパークに着きました。
しかしほかの船で、トラブルがあったようです。
マライヤが小口を出たところで座礁し、離床はしたのですが、少し亀裂が入ったようで
徐々に浸水し、結局マリーナの電話をし、笹波漁港に入ってクレーンで吊って修理をしたとの事。
沈没しなくて良かったですが、大変だったようです。
安全第一でいかなくっては・・・

とっても疲れましたが、とっても楽しい二日間でした。
スポンサーサイト

 | HOME | 

Calendar

« | 2012-07 | »
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

Stardust Yacht Club

Stardust Yacht Club

スターダストヨットクラブは、富山県射水市の海竜マリンパークを拠点として、とっても楽しく富山の海をセーリングしています。
メンバーは男女問わず、年齢層も幅広い。職業も会社員、自営業者、会社役員など様々で、みんなでいろいろなことを協力しながら運営しています。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。