スターダストヨットクラブ・ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

除雪初め

今日は二人で雪下ろしをしてきました。
大した事ないだろう、と思って上ってみると結構積もっていました。
20130106除雪1  20130106除雪2


ビルジを抜くと、ポンプは回るのですが水が出ません。
おや水が入っていないのかな?
そうではありませんでした。ビルジが凍っていたのでした。
20130106ビルジポンプ

パイプの中は溶けそうもないのであきらめましたが、
その内暖かくなった時に行かれる方がおられましたら、
ビルジだけでも抜いて下さい。

昨年の新湊大橋開通記念レースの新聞。
幻のトップフィニッシュだったかなーー?
20120923新湊大橋開通記念レース


スポンサーサイト

点検程度

5月29日(日) 雨

今日は宮田代表、高盛さん、森光さん、大島の4人が
pm1:00頃にマリーナに集まりましたが、
結局、雨の為下架もせず解散しました。

とりあえず、バッテリーのチェックも兼ねて
エンジンが始動するかどうかだけチェック。

高盛さんがエンジンオイルとベルトをチェック。
オイルが少々不足、ベルト張りが弱いといった感じです。

次週は佐渡クルージング。
夜間航行もありますので、参加の方はくれぐれもお気を付けください。




越冬準備2

12月12日 曇り メンテナンス

今日は高盛さん、川久保さん、高桑でメンテナンス
スターダストをマリーナの入り口近くに移動してロープで固定。
桟橋のロープを川久保さんに外して持って来てもらいましたが、
大変だったと思います。

高盛さんがプロペラを何とかはずして、
フォールディングプロペラを取付ける。
テーパーやネジ間隔、方向など不安だったけれど、
ヤマハに聞いた設計値どおりだったようで、ピッタシ付きました。
来年はスピードが一割アップすることが期待出来ます?

トイレのポンプも分解して掃除し、シリコングリスを掛けました。
きちんと作動するかどうかは、次回船を下ろしたときのお楽しみ。
真ん中の明かり窓のシールを高盛さんがプロのように補修してくれました。
他の窓のシールもやる必要がありますが、次回にシフト。

ジブセールとメインセールを畳んでキャビンに入れました。
バックステーの天地を、調整しやすくなるかと思って、逆にしてみました。
今日の所は、とりあえず以上で終了。
終わり頃、秋原さんが顔を出してくれました。
出来ればメインセールとハリヤードを変えるとさらに良いのでは、
と言われるので、見積もりをとってもらうことにしました。

今後ですが、船を係留していますが、
貝が付くので陸置きに変えればどうかと思うのですが、
皆さんのご意見をお聞かせ下さい。

費用的には、
係留の場合  年間24万3千円、
陸置きの場合 年間20万3040円+上下架料3300円/回

係留はいつでも出せるし、何となくおしゃれですが、
強風時にトラブルの心配があるのと、貝取りや塗装などのメンテナンスが必要です。
陸置きは出すときに面倒なのと、よく乗るときは係留よりも高くなります。
塗装が3万円くらいとすると、年間20回以上乗る場合は係留の方が安いかな。

今後のメンテナンスですが、
・船底塗料が所々剥離してきているので、きちんとはがす必要があります。
・船底&プロペラの塗装(陸置きの場合は不要)
・明かり窓のシーリング
・ハリヤードの交換?

そんな所ですから、来年でも良いかと思います。
ただ、時々ビルジを排水するのと、雪が積もれば降ろす必要があるので、
行ける人は時々覗いてやってください。

では、お疲れ様でした!

越冬準備

12月5日(日) 晴れかな? 曇りかな? メンテナンス

今日は高盛さん、大島さん、高桑で10時から12時まで
密度の濃いメンテナンス。
まずはエンジンを掛け、港から出てスピードを上げますが、
回転数が上がりにくく振動します。
上架すると、フジツボの子供がたくさん付いているのと、
プロペラシャフトを固定するシール部がずれていました。
プロペラを外して調整する必要がありますが、今日は断念。
ぺラ ぺラアップ



フジツボを擦り取って、船にこびりついた藻を雑巾でふき取り、
とりあえずきれいになりました。

本格的メンテナンスでは次が必要です。
・船底塗装
・プロペラシール部の調整(or取替)
・プロペラの取替

今後ですが、とりあえず春まで上架したままにしておいて、
乗る時に降ろせば良いかと思います。
春以降は、係留で行くか、上架して乗る時に降ろすか、
今度大勢がメンテで集まったときに相談しましょうか。


炎天下でお疲れ様でした。

7月24日(土) 晴れすぎ…。

今日は岩永さん、大峯さん、秋原さん、高盛の4名での整備。
炎天下でお疲れ様でした。

キャスター交換、できたら船台採寸のつもりでした。
ところがキャスターがうまくいかないのと、
人数もいたのでサンダーがけとペンキ塗りしました。
船台の上部だけ塗ることができました。
ペンキやローラーは高盛が念のため持っていった錆止めが役に立ちました。

キャスターは車輪ケースのボルトをねじ切って外し、
それを日本海マリンに持っていきすぐに専用油圧プレスで
キャスター交換ができるはずでした。
でも、かなりベアリング内輪が錆びて、
11トンかけてもとれなくギブアップされました。

固定輪は鉄輪ではどうかとの秋原さんの提案も含めて検討します。
鉄輪にすればこれ以上費用はかかりませんが、ガラガラと音がするのと、
船には振動がかかります。では。

 | HOME |  »

Calendar

« | 2017-11 | »
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

Monthly

Categories

Recent Entries

Recent Comments

Recent Trackbacks

Appendix

Stardust Yacht Club

Stardust Yacht Club

スターダストヨットクラブは、富山県射水市の海竜マリンパークを拠点として、とっても楽しく富山の海をセーリングしています。
メンバーは男女問わず、年齢層も幅広い。職業も会社員、自営業者、会社役員など様々で、みんなでいろいろなことを協力しながら運営しています。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。